粋な温泉の入り方

19歳〜21歳のオトナな皆さん、ご協力ください 『お湯マジ!』は、参画施設の皆さんのご厚意により無償で温泉を特別提供いただいている企画です。混雑時は一般のお客様の入場を優先することもあります。そんな時は爽やかに「お先にどうぞ!」と譲ってあげてくださいね。施設受付前に、必ず会員本人がアプリのダウンロード、『お湯マジ!』参加登録を済ませましょう。登録はとても簡単!準備万端にスマートに温泉へ行きましょう♪(アプリ操作は会員本人が行うことが本サービスの利用条件です)

温泉に行くとついついハイテンションになって、マナーがいい加減になっていませんか?迷惑をかけないオトナの温泉の心得を、もう一度おさらいしましょう。

「かけ湯」「かかり湯」は忘るべからず

「かけ湯」「かかり湯」にはお湯に体を慣らす意味と、体の汗や汚れを流すという2つの役目があります。サウナに入った後も必須。汗を流してから、浴槽に入るのがエチケットです。

浴室内は大声で話すべからず

浴場やサウナ・岩盤浴、脱衣所、リラックスルームなどで大きな声で話すのはマナー違反。ゆっくり寛ぎたい人もいます。ゆっくりと温泉の時間を楽しむのがオトナの流儀です。

スマホ・携帯電話・デジカメするべからず

脱衣場や浴槽内でスマホ・携帯電話・デジカメを使っている人もいますが、これは当然マナー違反!スマホ・携帯もカメラ付きがあたり前の今「まさか隠れて撮影している…」なんてあらぬ疑いをかけられることも。ご注意を。

洗い場・サウナは席取りをするべからず

洗い場やサウナでは、タオルや荷物を置いておくと他の人が使えません。また、打たせ湯やジェットバスなどを占有するのも迷惑です。使った桶や椅子は元に戻して、気持ちよく立ち去りましょう。

長い髪やタオルはお湯につけるべからず

長い髪を束ねずに浴槽に入ると、髪の毛が浮いて気持ち悪いことに!またタオルを浸けるのも不衛生です。髪の毛で排水がつまることにもなるので、長い髪はブラッシングしてから束ねて入りましょう。

シャワーで他人を攻撃するべからず

飛び散るようにシャワーをかけたり、立ったままで髪や体を洗うと、周りの人に泡やお湯が飛び散って大迷惑!もちろん、洗濯や毛染めも厳禁です。少し離れたブースを使ったり、混雑時にはしぶきや泡に気をつけましょう。

「こんにちは」「お先に」と軽い挨拶を忘るべからず

先客があった場合に「こんにちはー」、先にお湯から出る場合に「お先にあがりまーす」と軽く挨拶すると、この子はできる!!と思われます。お風呂は社交場、せっかくだから地元の人との会話も楽しみましょう。

使った洗面器類は片づけ、濡れたまま脱衣所に戻るべからず

洗い場の洗面器、イスなどは、使い終えたらシャンプーやせっけんの泡を軽く流し所定の位置へ戻してね。洗面器はひっくり返しておくのがツウの心遣い。そして、体から水滴をポタポタ落としながら脱衣場に戻る人も×。床が濡れて滑ったり、水浸しになり気持ち悪いことに。体をよく拭いてから、脱衣所へ戻りましょう。

19歳〜21歳限定!全国の温泉を0円で楽しめる 魔法のアプリを今すぐダウンロード

マジ☆部 for iPhone & Android

「マジ☆部」アプリは年齢限定で様々な 感動体験が無料になるお得なアプリです。

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう
四季のおおいた観光モデルコース