意識して欲しい5つのコト

雪マジ!19を今後もずっと19歳のみんなに
楽しんでもらうために
みなさんに意識して欲しいことがあります

なぜ雪マジ!19が 無料で実施できているのか、 ご存知まじょ?

POINT.1

雪マジ!19がリフト券無料なワケ

スキーやスノーボードの楽しみを若い人に知ってもらいたいというプロジェクトの意思に賛同したゲレンデが、
19歳の冬限定で、何度でも、リフト券を無料で提供してくれています。

POINT.2

19歳がスキーに行くことが地域活性化につながる?

雪マジ!19は、2011年にスノーエリア活性化を目指してスタートしました。
スキー産業は地域にとって、とても大切な産業です。
今後人口が減っていっても、地域に訪れる人がなるべく減らないために、
若い世代がゲレンデの楽しみを知ることが、地域活性化の第一歩なんです。

POINT.3

今、特に気を付けたいコト(1)

スノーエリアは、一般的に山里にあり、住んでいる住民の方が新型コロナウィルスの
影響を気にされる場合もあります。
行き帰りの行程でも「新しい生活様式」を守り、地域の方に配慮した行動を心がけましょう。

POINT.4

今、特に気を付けたいコト(2)

スキー・スノーボードはアウトドアスポーツです。滑っている最中は密になることもあまりありませんが、
リフト券発行時・リフト待ち・レストラン利用では多くの人が集まる場合があります。
自らを守るために、そしてゲレンデを守るために、マスクを付ける、
混んでいる時間をなるべく避けて利用するなど、感染防止策をしっかり取ってください。
ゲレンデごとに感染対策マナーが設定されている場合もあります。
ゲレンデのマナーを確認し、しっかり守りましょう。
また、各自治体により地域をまたいだ移動の自粛要請等が行われている場合もあります。
スキー旅行の計画を立てる際には、あらかじめ最新の情報を確認しましょう。
情報は「内閣官房 新型コロナウイルス感染症対策」から確認できます。

POINT.5

WE LOVE SNOWを伝えよう

2020年度からから雪マジ!19のコンセプトに「WE LOVE SNOW」が追加されました。
このメッセージには、暖冬小雪や新型コロナウィルスの影響で大きなダメージを受けている地域や
ゲレンデを応援するという気持ちを込めています。
スノー業界や地域を応援し、お互いに助け合うために。
また、窮地のなか、雪マジ!19を続けてくれているゲレンデに感謝を示すために!
ぜひ「#WE LOVE SNOW」を発信して、楽しかった雪山の記憶を多くの方にシェアしてくださいね。