雪マジ!デビューの前に♪

雪のマナーを知って、もっと楽しい雪の魔法を!

初めてのスキー・スノーボード講座

まずは恰好から入りましょう!

  • スノーウェアを着るまじょ!
    スキー場の天気は不安定なこともあるまじょ。寒かったり雪が降ったり…。でも、スノーウェアを着れば大丈夫!防水性や保湿性に優れていて、しかも丈夫!快適に過ごすためにスノーウェアは必須まじょ☆
  • 基本の3アイテムを装備するまじょ!
    ゴーグル、グローブ、帽子は必ず装備するまじょ!目と手と頭を守る、大切なアイテム!しかも、身に着けるだけでかっこよく見える(可能性がある)まじょ!

道具を知ろう【スノーボード編】

  • 必要な道具の名前を覚えるまじょ!
    スノーボードは、板、ビンディング、ブーツの3つがないと滑れないまじょ。板についている固定具がビンディング。
    レンタルの場合は、はじめからセットされているまじょ。
  • しっかり履かないと危険まじょ!!
    スノーボードを履くときは、一度座って、ビンディングにブーツをしっかりはめこんでから金具(ビンディング)を締めるまじょ!ビンディングをきちんと締めないと、滑っているときに板の操作がうまくできず、危険!
    リフトに乗るときは、後ろの足を板から外すまじょ。また履く時、ブーツの裏に雪が付いていたらしっかり履けないことがあるから、気をつけるまじょ。
  • 持ち方にも注意するまじょ!
    スノーボードはバインディングを外側に向け、脇に抱えるように持つまじょ。手袋をはめていないと、板で手を傷つけることがあるので、必ず手袋をはめてから持つように。
    当たり前だけど、振り回したら危険!周りに人がいないか注意をして持ち運ぶまじょ。
  • ハイバックを倒す習慣をつけるまじょ!
    リフトや平地で板から片足を外したら、必ずビンディングの後ろのハイバック(足首を固定する部分)を倒すまじょ。
    ここを立てたまま、転んだりすると、お尻に当たったりして痛い、痛い!習慣化することが大切まじょ。

道具を知ろう【スキー編】

  • 必要な道具の名前を覚えるまじょ!
    スキーは、板(ビンディング付き)、ブーツ、ボールの3つが基本アイテムまじょ。レンタルセットは、この3つが揃っている場合がほとんどまじょ。
  • しっかり履かないと危険まじょ!!
    ブーツはしっかりビンディングに押し込むまじょ。ちゃんとはまっていないと、スキー板が滑っているときに外れたりしてとても危険!
    ブーツやビンディングに雪が付いていたらしっかり履けないことがあるから、しっかり落としてから装着するまじょ。
  • 持ち方にも注意するまじょ!
    スキーを持ち運ぶときは、板を2枚に重ねるまじょ。2枚に重ねたまま片手や肩に担いで持ち運ぶのは、ちょっとコツがいるので、初心者の人は両手で持って運ぶと安全。
    当たり前だけど、振り回したら危険!周りに人がいないか注意をして持ち運ぶまじょ。

初心者流ゲレンデ攻略

  • 必要な道具の名前を覚えるまじょ!
    ゲレンデに到着したら、まずはスキー場のマップを手に入れるまじょ!コースや売店・トイレなど、ゲレンデ内の情報が一目瞭然!はぐれてしまうこともあるので、ひとり1枚ずつ持って滑るのが良いまじょ。
  • 初心者向けコースを確認するまじょ!
    初めて訪れるゲレンデで、とりあえずリフトに乗るのはNG!
    いきなり上級コースに行ってしまったらどうにもならないまじょ…。まずは初心者向けコースで練習するために、コースマップで初心者コースを探してみるまじょ。
  • 初心者コースでしっかり練習するまじょ!
    ゲレンデはじめてさんは、しっかり初心者コースで練習するまじょ。初心者コースは緩やかな傾斜だったり、広い斜面だったり、練習する人が滑りやすい環境になっているので、基礎をしっかり練習すると良いまじょ!
  • みんなで滑ると楽しく安全まじょ!
    コースを滑るときは、みんなで一緒に滑ると楽しいし安全☆ひとりだと、転んで怪我をしたり動けなくなってしまった場合、どうにもならないまじょ…。なるべく距離が離れないように、お互いに相手を感じながら滑ろうまじょ!
  • リフトに乗るときはおとなしくするまじょ

    安全バーを下そう!

    リフトに乗っている間は、安全バーを下して、リフトを揺らしたり暴れたりせず乗るまじょ。降りるときは、最初は怖いけど、後から来る人も大勢いるのでなるべく速やかに移動してね!
    リフト待ちの列では、割り込みをしたり、他の人の板を踏まないように気を付けるまじょ。
  • 揺らさない!

    リフトが揺れると、最悪の場合リフトがワイヤーから外れて落下する可能性があるまじょ…。怖いので、おとなしく乗るようにするまじょ…。
    また、板をぶらぶらしていると、外れてしまう可能性もあるから気を付けて!
  • 飛び降りない!

    リフトから飛び降りるのは絶対に、絶対にダメまじょーーー!本当に危ないし、万が一の事態になってもコース外だから助けが来るのも時間がかかったりするので、絶対にやめること!
  • ごみを捨てない

    リフトに限らず、どこでもポイ捨ては禁止!ゴミはゴミ箱に、これ当たり前!
  • リフトで物を落としたら?

    リフトに乗っているときに物を落としてしまったら、リフトを降りてから係の方に伝えるまじょ。落とした場所がわかりやすいように、リフトの支柱に書いてある柱番号を伝えるとGood。リフト以外で物を落とした場合は、センターハウスで問い合わせるまじょ!
  • 休憩はコースの端でするまじょ!
    コースの真ん中で座ったり休んだりしていると、後から滑ってくる人と衝突や接触してケガをしてしまう可能性があるまじょ。転んだらすぐにコースの端へ移動!疲れた時もコースの端で移動!端っこで休むことを徹底するまじょ!

怪我を防ぐために守ること

  • コース外は絶対に滑っちゃダメまじょ!
    スキー場では決められたコースを滑ることはマナーではなく、ルール!コース外は整備がされていないから、木にぶつかってケガをしたり、雪崩に巻き込まれたり、遭難する危険性もあるまじょ。
    そして、コース外で雪崩や遭難をして救助をされた場合は、救助費用が自己負担になることも…。ルールを守って滑ることが大事まじょ。
  • スキーはポールの取り扱いに注意まじょ!
    初心者がスキーをするとき、よくあるケガはポールが原因のことが多いまじょ。うまく止まれずに無理にポールを突くと、グリップで胸や顔を強く打ってしまうことも。スピードが出るとポールでは止まれないから気を付けるまじょ。
  • リーシュコードをつけるまじょ!
    スノーボードをするときは、ボードが滑って流れて行かないように、足と板をつなぐリー種コードをつけるまじょ。スノーボードが流れて行ってしまうと、人にぶつかってケガをさせてしまったりすることがあるから、リーシュコードは必ず装着するまじょ。
  • スキー・スノーボードは決められた場所に置くまじょ!
    ランチや休憩時は、スキー・スノーボードを決められた場所に置くまじょ。平地などに置いて流れて行ってしまうと大変。もし、混雑している場合は雪にしっかり差し込んで行くこと。
    レンタルの場合は、自分の板がわかるように、板の表面などに書いてある管理番号を覚えておくと良いまじょ!

ゲレンデマナー講座

まずは恰好から入りましょう!

  • ・雪道注意!降雪状況を確認して、必要ならスタッドレスタイヤを着用のこと。現地の状況が?ならゲレンデに問合せを。まずは着かないと魔法もなにもありません。
  • ・雪道では、強いブレーキ&アクセルはスリップのもと。車間距離を十分にとって、ゆったり走行を。焦るのは、好みの相手を見つけたときだけにしてください
  • ・もし、タイヤが雪にはまってしまったときは、小刻みに前進後進を繰り返し、雪を踏み固めながら発信してみて。一歩一歩着実に進めるのは、そう、まるで恋と同じ

滑る前にやるべきこと

  • ・スキーやボードを着ける前にしっかりと準備運動をすること。怪我をしないよう柔軟性を高めます。残念ながら、雪の魔法に回復機能はありません。
  • ・ストッパー・リーシュコードなど、板の流れ止めは必ず装着!板だけが滑って誰かに怪我をさせてしまったら、楽しい時間はそこで終了です。

リフトに乗るとき降りるとき

  • ・待ち切れないのは分かりますが、リフト待ちに割り込まないこと。自分がされて嫌なことはしないようにしましょう。恋もリフトも順番が大事です
  • ・リフトでのマナーは電車でのマナーと同じです。ゴミなどを捨てたり、リフトを揺らしたり、飛び降りたり…なんてしないこと!すべて子供のやることです
  • ・リフトで降りる際に転んでしまっても、頑張って起き上がりすぐに横に避けること。痛くて恥ずかしいのは分かりますが、案外誰も気にしていません
  • ・リフトを降りてスキー・スノーボードを着けるのは、人の邪魔にならないようリフトから離れた端っこで。ゲレンデも恋も、邪魔はいけません

コースを滑るときには

  • ・友達や彼氏・彼女に見栄をはるのはかえってカッコワルイ!自分のレベルに合ったスピードで滑走し、接触・衝突には充分注意すること
  • ・コースをふさぐ立ち止まり・座り込み・歩行は危険。後ろから激突されちゃうかもしれません。必ずコース端など安全な場所で行うこと
  • ・林の中、リフト線下、ネット・ロープ・看板などで規制してある場所などの滑走禁止区域には侵入しないこと。雪の魔法が届かないエリアです
  • ・コース内に勝手にジャンプ台や雪だるまを作らないこと。誰かからの障害物になって怪我をさせちゃう可能性大。ゲレンデは公園の砂場ではありません
  • ・飛び跳ねたくなるほど楽しいのは分かりますが、むやみにコース内でジャンプしないこと。その瞬間、無防備になるので、自分も他人も怪我の危険性大

その他のマナー

  • ・当たり前ですが、表示物・掲示物・標識類を壊さないこと。器物破損の犯罪です。あなたの明るい未来を壊すことになります
  • ・空き缶・ペットボトル・お菓子の包装紙などを、所定の場所以外に捨てたり放置したりしないこと。来たときよりキレイにして帰るのがモテる大人です
  • ・雪の魔法で身体や心が解き放たれても、動物をコースの中に放たないこと。愛するペットには、おうちでお留守番しててもらいましょう
  • ・ちょっと滑れなくてもへこたれないこと。スキー・スノボはやればやるほど上手くなるスポーツです。各種スクールを利用するなど、何度も通って雪の魔法を楽しむこと
最後に絶対守ろう!ゲレンデ六法
マジ部App StoreGoogle Play